前へ
次へ

個人営業の求人と法人営業の求人の違い、転職について

営業の求人には、個人営業の求人と、法人営業の求人が存在します。
商談を持ちかける営業としては、両方とも同じ内容になりますが、その性質特徴に違いがあります。
個人営業の場合は、個人の事業主、保険の勧誘など一般の人に対しての営業になります。
個人営業は、意思決定する本人に営業を行うため、意識の確認しやすいメリットがあります。
法人営業の求人の仕事内容は、企業としての法人に営業かけることになります。
そのため、電話で対応した方が、決定権があるとは限らず、商談の成立まで時間がかかる場合もあるのです。
給料面においては、一つの商談の金額が高くなる傾向があるため、法人営業の求人の方が高くありますが、個人営業の求人でも成約の数をこなせば、同じぐらいの給料を得られる場合もあります。
初めての方が営業に転職を考えている場合は、個人営業で経験を積み、そこから法人営業に移るのもお勧めです。
企業への法人営業は、相手方もコミュニケーション能力が高い可能性があり、コミュニケーション能力が低いと信頼を得られにくくなる場合もあるためです。
個人営業であれば、様々な人との出会いから、そこから学ばれやすい環境も多くあるでしょう。

Page Top